シニア女性

新陳代謝の促進で細胞の活性化を図る【オメガ3で生活習慣病を撃退】

効果を知ろう

美容オイル

オメガ3は美容に良い効果をとても期待できるものです。また、摂取する際には食事で摂る場合と、サプリメントで摂る場合があります。食事で摂る際には熱を通さないもの、サプリメントで摂る場合には量に気を付けたりすることで、効果をさらに期待することができると思います。

詳しく読む

アレルギーにも効果的

栄養補助食品

オメガ3は必須脂肪酸のひとつです。同じく必須脂肪酸のひとつであるオメガ6には摂りすぎると炎症を起こしやすくなるという性質があります。一方オメガ3には炎症を抑える効果があります。しかしオメガ3を含む油は酸化しやすいため、サプリで摂るのが適しています。

詳しく読む

健康改善とダイエット効果

微笑む女の人

動脈がもろくなるのを防ぐ

オメガ3は動脈硬化や高コレステロール状態に悩んでいる人、そして将来心筋梗塞や脳梗塞などになるのではないかと不安に感じている人に特におすすめの成分です。オメガ3にはDHAやEPAなどの種類がありますが、このDHAやEPAには血管の柔軟性を高める働きがあるのです。動脈硬化は血管が硬くもろくなって起こるので、オメガ3を摂取すれば血管を柔軟にして動脈硬化を防ぐことが可能です。心筋梗塞や脳梗塞は動脈硬化が原因となることが多いので、オメガ3によってそれらの病気に対する予防もできます。また、血液の流れをよくすることにより全身の新陳代謝を促進するので、生活習慣病の予防だけでなくダイエットや美肌にも効果が期待できます。

簡単に摂れるサプリで

オメガ3のうちDHAやEPAは青魚に特に多い成分です。これらの成分は青魚のほかに南極オキアミというプランクトンの仲間にも含まれています。オメガ3にはほかにα-リノレン酸と言う種類の成分もあり、そちらはエゴマ油、亜麻仁油などに多く含有されています。また、大豆油や菜種油にもいくらか含まれています。オメガ3のうちDHAやEPAを青魚で摂る場合は、毎日イワシやアジなどを1尾から2尾食べ続けないと十分な量が摂れないので、サプリメントから摂るのが簡単です。南極オキアミのDHAやEPAはクリルオイルというサプリメントから摂れます。このクリルオイルのメリットは、DHAやEPAなどのオメガ3を大変吸収しやすい形で含んでいるということです。

すぐれた抗炎症効果の成分

油

オメガ3は炎症を抑える物質を作り、同じ不飽和脂肪酸でもオメガ6は炎症を起こす物質を作るという性質があります。そのため、オメガ3をオメガ6より多く摂るようにすれば、鼻炎やアトピー性皮膚炎、さらにはがんや認知症の予防・改善に効果があります。

詳しく読む